新生銀行のパワースマート住宅ローンの特長

↑↑↑ 新生銀行の住宅ローン 無料資料請求はこちら


住宅ローンを借り換えで選ぶなら?
毎月の、またはボーナス月の返済額を見直したい!減らしたい!
という方に、特におすすめなのは、新生銀行の パワースマート住宅ローンです。

新生銀行のパワースマート住宅ローンは、

1、保証料0円
2、団信保険料0円
3、繰り上げ返済手数料0円
4、固定期間終了後は基準金利より0.7%優遇(当初固定金利タイプ且つ借入残高が500万円以上の場合)
5、借り換えでも、最長で期間35年が可能!
※平成25年6月時点

資料請求はこちらから

↑↑↑ 新生銀行の公式サイトへ行く


銀行のキャンペーン金利などで、固定金利期間が終了となる予定の方は、借り換えを検討してみましょう。

借り換えのポイントとして、金利を低くする事も大事ですが、返済額の見直しをする事も非常に大事です。 ボーナス返済を併用していたところ、ボーナスが減った、あるいはボーナスが出なかったというケースもあるでしょう。その場合、ボーナス返済をなくして住宅ローンを組みなおすのも一つの方法です。

子供が大きくなってくると教育費などがかさんで家計を圧迫します。実際に収入も減れば住宅ローンの返済は非常に厳しいものとなるでしょう。そこで、住宅ローンを借り換えて、金利を低くするのと同時に、長期返済に組み直したらいかがでしょうか?

新生銀行のパワースマート住宅ローンなら、今借りている住宅ローンの残存期間にかかわらず期間を最長35年にする事が可能です。

借り換え前の返済方法
【借入金額】3,000万円(内ボーナス分1,000万円) 【借入期間】30年  【金利】2.00%           
【毎月返済額】73,924円 【ボーナス月の返済額】296,368円

10年後の住宅ローン残高は、21,916,726円です。これを10年経った時点で、期間35年で借り換えするとします。(金利は同条件、諸費用は勘案せず、概算です。)

↓↓↓↓↓↓期間を延ばして借り換えすると・・・

【借入金額】2,196万円(内ボーナス分      0円) 【借入期間】35年  【金利】2.00%
【毎月返済額】72,745円 【ボーナス月の返済額】 0円

上の例では期間を35年に組み直すことで、ボーナス返済をなくすことが出来ました。 もちろん、返済期間を延ばすと総支払い金額は増えてしまいます。お金に余裕のある方でしたら、わざわざ返済期間を延ばす必要はありません。

しかしそうでなければ、住宅ローンの返済があることによって貯蓄もできないという状況だったら、単純に得か損か?という事よりも、家計の安定が得られるというメリットの方が大きいのではないでしょうか?返済が減った分を貯蓄に回して、余れば一部内入れ返済をすればいいだけの話です。

新生銀行のパワースマート住宅ローンなら、借入中の住宅ローンの残存期間にかかわらず、借り換えでも最長で期間35年にできることが最大のメリットです。


↑↑↑ 新生銀行の住宅ローン 無料資料請求はこちら


その他人気ネット銀行との比較

主な、ネットで人気のある銀行の住宅ローン商品
住信SBIネット銀行
■東京スター銀行
■新生銀行
■イオン銀行 です。大まかなポイントを比較してみました。
※2013年11月時点

  団信保険料 保証料 一部繰上返済手数料 事務手数料
住信SBIネット銀行 \0 \0 \0 借入金額の2.1%
東京スター銀行 \0 \0 \0 \105,000
新生銀行 \0 \0 \0 税込み\100,000
イオン銀行 \0 \0 \0 借入金額の2.1%、または税込み\105,000

団信保険料、保証料、一部繰り上げ返済手数料はいずれの商品も0円ですから非常に有利と言えます。事務手数料は住信SBIネット銀行が高いですね。1千万円なら21万円ですし、2千万円なら42万円ですから結構馬鹿になりません。コスト面からいけば、新生銀行が一番安いです。

ここがポイント

【金利の比較】

住信SBIネット銀行、住宅ローン金利
東京スター銀行、住宅ローン金利
新生銀行、住宅ローン金利
イオン銀行住宅ローン金利

■東京スター銀行の住宅ローンの最大の特徴は、住宅ローンの残高の内、普通預金の残高の分には金利がかからないというものです。 例えば住宅ローン残高が1,500万円あっても、普通預金の残高が1,000万円あれば、実質500万円にしか金利がかかりませんので、お金に余裕のある方なら東京スター銀行も良いかと思いますが、そうでなければ単純に金利が安い銀行の方が良いという事になります。

■住信SBIネット銀行は、全期間金利引下げタイプの金利が非常に安いですが、いかんせん事務手数料が借り入れ金額の2.1%と高くなってしまうのがネックと言えます。また、借り換えの場合、期間を延ばす事が出来ません。現在借りている住宅ローンの残り期間以内でしか取り組む事が出来ません。返済額軽減が目的の場合は借り入れ期間を延ばしたいところです。

イオン銀行住宅ローンは、イオンでのお買い物が、毎日5%オフとなります。お買い物はいつもイオンという方には良いと思います。


資料請求はこちらから

↑↑↑ 新生銀行の公式サイトへ行く

元銀行員が教える、借り換えで選ぶ住宅ローン比較【新生銀行がおすすめなわけ】 元銀行員が教える、イオン銀行の住宅ローンはこんな人に利用して欲しい! 住宅ローンの金利を予測するには? 住宅ローン、借換で選ぶなら? 住宅ローン金利の固定期間が終了する前に! 保証料が無料の住宅ローン 住宅ローンの返済額を少なくするには?


借り換えで選ぶなら、という目線で住宅ローンの比較をしています。おすすめは新生銀行。住宅ローンランキング上位の住信SBIネット銀行、東京スター銀行との比較 【お問い合わせ】info@iyoxyo.jp